JAPANESE – STYLE BACKPACKER'S INN
Uni.House / ユニハウス
TEL:050-1099-0537

【 イリナ ラストブログ ♡】


一人で日本へ来ること、3ヶ月の間日本に滞在するということは、

私にとって、とても大きな一歩でした。

けど、本当に牛窓に住むことを選んで良かったです。

なぜなら、私は一人で牛窓に来たけど、

ユリとアンドリューと一緒に生活をしていたため、

一度も1人だと感じることがなかったから。


普通の生活の中で、

2か月間お互いのことを知ることはそれほど長い期間ではないけれど、

2か月間一緒に暮らすということは、長い期間だと思います。

彼らの毎日の習慣、何が好きで何が嫌いなのか、

良い日や悪い日、すべて見ることができます。


血は繋がっていなくても、まるで小さな家族として暮らしているようでした。

ユリとアンドリューが家族の一員のように、2ヶ月間一緒に過ごせて本当に良かった。


彼らだけでなく、地元の方々も私を家族のように歓迎してくれました。

毎日のように一緒に食事をしたり、お茶を飲みながらおしゃべりしたりしました。


私の牛窓が大好きなところは、道を歩いていたらお互い挨拶し合うところ、

お互いを知らない時でさえ、挨拶をし合うところです。


あと、地域の方々から「牛窓秋祭り」のお手伝いの機会をもらえたことは、

とっても嬉しかったです。

間違いなく、決して忘れることのない1日となりました。


また、ほとんど毎日行っていた猫神社(五香宮)のことも忘れないです。

何度も通っていたので、

最終的にはすべての猫、猫の好きなものと嫌いなものが分かるようになりました。

猫が木から降りれなくなった時には、彼らを助けたり、

猫ちゃんたちを毎日お世話しているおじさんたちともお話をしたり、

お手伝いしたりもしました。 牛窓に戻ってきた時にはまた会えるといいなあ。


一緒に出掛けたり、お話ししたり、食事をしたり、、

牛窓での優しい地域の皆さんとのすべての時間をこれからも決して忘れないでしょう。


牛窓に住む機会を与えてくれた、ゲストハウスオーナーであるユリに感謝しています。


この経験は、決して忘れることのない、

間違いなく人生の道程であり、

私をもっと成長させ、強くさせる、人生において新しい視点を与えてくれました。


素敵な場所をありがとう 牛窓!


Irina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です