Uni.House / ユニハウス

【Uni.Houseの思い出 by ジイちゃん】

Uni.House 旅の始まり

※ 原文(英語)は下にあります。

日本に来てから、1年前に比べるとたくさんのゲストハウスに宿泊してきた。ほとんどのゲストハウスコンセプトは、アーティストの絵が書いてあったり、コンクリート建築でシンプルなデザインに植物や木のアクセントを入れていたり、、、そんななかで、Uni.Houseは他と違った。


Uni.Houseにあるコンセプトに隠れているのは、名前のように 『Universal(みんな)』ということ、

オーナーのゆり曰く、『Universe(世界)』、 『United(団結した)』、『Unity(結束)』、『U and I(あなたとわたし)』...他にもいろんな解釈も含んでいるみたい。 彼女のゲストハウスの思いはコンセプトにあって、みんなをあたたかく迎え入れ、受け入れ合い、共に良い時間を過ごすということ。


リラックスしたいゲストさん、自分の時間を大切にしたいゲストさん、賑やかなゲストさん、長期滞在しながら働くゲストさん、大学生、子どもたちと一緒にファミリーでお越しのゲストさん、定年退職されたゲストさん、外国人、、、Uni.Houseには多種多様な人たちが訪れる。そしてみんなが同じ時間をシェアし、楽しむ。ゆりのゴール(思い)は、Uni.Houseに滞在すれば日々感じることができる。

Uni.Houseでいう『Unity(結束)』は、みんなが集まり、受け入れあい、共に時間を楽しむということ。




Uni.Houseに来てから、こどもたちと大きなクマや粘土で遊んだり、一緒に映画鑑賞をしたり、、ゲストハウスがこどもたちやこどもと遊ぶ大人たちにとっても、良いバケーションスポットに一変するのも見てきた。


またご近所さんが遊びに来て、みんなをしあわせにするおいしい食べ物や時間をシェアしてくれたり、

のんびりと日向ぼっこするゲストさんもいたり、

町はいつも穏やかで自然に溢れ、ほっと癒されるカフェや少し歩けばビーチがあるUni.House 牛窓。




彼女のゲストハウスコンセプトは、施設そのものだけじゃなく、

みんなで食べる晩ごはんや外から聞こえる猫の鳴き声、地域の人とのつながり、瀬戸内海に広がる島への冒険、自然の海ほたるの美しさ、、、すべてである。

それはUni.Houseだけでなく、町にも元気と喜びを与えている。




牛窓に来てから、無人島にあるレモンの木に水をあげる仕事をしたり、アートギャラリーの外で開催される小さなコンサートに招待してもらったり、

干潮時のみ渡ることのできる神秘的なヴィーナスロードを訪れたり、地元の海水浴場でビーチクリーン活動したり(毎月末Uni.House主催のもの)、、数えきれないたくさんの思い出が出来た。




Uni.Houseに来る前、わたしが思い描いてた次に行きたい場所、そのものだった。

太陽や喜びに溢れていて、気持ちが明るくなるそんな場所。


わたしをあたたかく迎え入れてくれ、いろんな日本の文化や経験が出来、自分の時間も大切に出来て、たくさんの遊びと成長の機会もあって、、想像以上のUni.Houseの日々に驚きと喜びを感じている。


ゆりがくれた機会は本当に貴重で大切なもの、みんなにとってもUni.Houseは何かのきっかけとなるだろう。


わたしの場合、また自分らしく自由に生きるのに、

Uni.Houseはとても居心地の良く必要としていた場所だった。




わたしはUniHouseで経験したこの唯一の時間に、これからもずっと感謝するだろう。


Zil

( 翻訳 ゆり )




Uni House, where your adventure begins.


I’ve stayed at a lot of guest houses since I came to Japan more than one year ago.  Many of them are concept driven with personal drawings on the walls, or concrete minimalist design with few plants and wooden accents, the list goes on but Uni House is different.  The concept behind Uni house is hidden in its Universal name, Uni as Yuri, the woman who owns the guesthouse explains stands for anything Universe, United, Unity, and in a more creative interpretation U and I.   Her conception of her guesthouse house is one that welcomes, accommodates, accepts it all.

Quiet guests, private guests, raucous guests, children, long term workers, university students, retirees, gaijins, Uni has it all, and all in Unity.  Yuri’s goal is felt in every moment of your stay here.  Unity, the goal to accept and embrace it all.  Since I have been here I have watched the guesthouse transform into a perfect vacation spot for a child fit with every adult playing with the kids, a huge bear, playdoe, and a child chosen movie night. I have watched the neighbors come over and integrate with the guests bringing delicious treats to share, older guests bask in the quietness, and peaceful nature of the town, unwinding in the small cafes and short walks to the beach. Yuri’s concept of the guesthouse isn’t just felt in the walls of the rooms or the comfort of family dinners and meowing cats outside it spreads into the town connecting its guests with local artists, island adventures, phosphorescent plankton. The magic continues and flows into the town like veins of nourishment and joy. Since being here I found a job watering lemons on an abandoned island, been invited to an intimate outdoor concert at a local art gallery, travelled a magical road between three islands that only opens when the tide permits, cleaned up the local beach (an activity Yuri leads monthly) and countless other things.  Before I came to Uni House I envisioned a place where I would like to go next. I wanted a place filled with sun, joy, and the feeling of lightness. I am amazed at how greatly Uni House exceeded my expectations, granting me with community, enriching cultural experiences, time for myself, and infinite opportunities to grow and play.


The gift Yuri gives is a precious rare one, a universal place that shifts for all to be.  In my case it was the landing place I needed before committing to the sky again. I will forever be grateful for the Unique experience I had in this Universal place.


Zil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です